JUTTA NEUMANN (ユッタ ニューマン
ユッタ・ニューマン



ユッタ・ノイマン本人作のフルハンドメイドのサンダルです。ソールには、ビルケンシュトックでお馴染みのBilkソールを装着。特徴的な土踏まずのリフトアップ感とタイトなアッパーフィーリングは、履き慣しを要求しますが、馴染んで来た時の心地良さ、耐久性、リペア可能というところにニューヨークのオピニオンリーダー達は惹かれ、そしてのめり込んでいる。
ブランド概要

JUTTA NEUMANN (ユッタ ニューマン)

2商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
2商品 1-2表示
  • <
  • 1
  • >
2商品 1-2表示
  • < Prev
  • Next >
JUTTA NEUMANN (ユッタ ニューマン)

ブランド概要


ドイツ生れのユッタ ニューマン(ノイマン)が、少女期を過ごしたパリからニューヨークに移住したのは1980年代半ばのこと。そして、彼女の尊敬する革職人に師事すること6年半の歳月を過ごし、ついに1994年ニューヨーク市イーストビレッジにて彼女自身のスタジオであるユッタ・ノイマン・ニューヨークを設立するに至りました。ブラックキャットがブランドアイコンとしてちょこんと製品に乗っかっていて可愛いです。

それ以来、ユッタ・ノイマンの作り出すファクトリー製品の主軸となっているレザーサンダルは、フルハンドメイドされる抜群の履き心地と耐久性、それにドイツ、パリ、ニューヨークと各国で培ったエッセンスが織り混ざった独特のテイストがニューヨーカーのみならず、世界中のセレブリティやオピニオンリーダー達の目に止まり、高い評価を得るまでに成長しました。

決して、華美なスタイリングを追うことはせず、質実剛健な作りとトレンドに感化されず、独自のスタイルを貫く姿勢は、男性職人も顔負けの素晴らしい作品群を生み出しています。彼女の作り出すレザーサンダルは、完全にハンドメイドであり、革を熟知した上でのタイトフィットを勧めています。エイジングを進める過程で完璧にフィットすると宣言され、そうした彼女の理念が形になった作品の一つなのです。

よって、ユッタ・ノイマンの作るサンダルは、全ての作品がそうではありませんが、初期タイトフィットできついのです。革が自然に伸びて完璧にフィットするまでは、我慢しろということです。革馴染みプロセスを高速化したい場合は、サンダルのストラップを水で濡らして徹底的に履き込む方法を進めています。あぁ、この素晴らしい履き心地、早く味わって頂きたいのです。

  • 1番/ALDEN (オールデン)
  • 2番/John Lobb (ジョンロブ)
  • 3番/Chausser (ショセ)
  • 4番/MOTO (モト)
  • 5番/Boot Black (ブートブラック)
  • 6番/会員登録
テストバナー

カテゴリーから探す

モバイルショップ

NATORIYAバナー

カテゴリーから探す