ホーム
0
カテゴリー
ブランド
お知らせ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
ブランド
コンテンツ

DENTS (デンツ)



ブランド詳細  メンズ  レディース

Collections
97商品
97商品中 1 - 30表示







DENTS History


1777年、ジョン・デントが英国ワーセスターにデンツ社を創業してから230年が経ちました。そして、その決して妥協をすることのない職人技、デザイン性は今でもしっかりと受け継がれています。




紳士を魅了し続ける革手袋の世界最高峰。


世界最高峰の手袋として紳士たちの憧れであるデンツの歴史は古く、1777年にまで遡ることができます。ウースター大聖堂で知られる英国のウースターという町でジョン・デントによって創業します。息子であるジョン・デント・ジュニアとウィリアム・デントも15歳のときより7年間にわたり父ジョン・デントのもとで修行し、その後は息子たちの確かな技能によって、デンツの礎が築かれました。19世紀以降になると、高級手袋だけでなく、アクセサリーの大手輸出会社に成長を遂げます。1953年にはエリザベス鏡い梁彜Ъ依兌蠡泙蘯螻櫃韻詭祥世鮗かっています。この手袋はデンツ博物館に特別展示されています。




昔ながらの製法と確かな品質の提供


現在デンツの工場はウィルトシャー州ウォーミンスターという郊外の美しい町にあります。この工場では昔と変わらない手袋作りが行われ、一組の手袋を作るのに32もの工程を経てようやく完成します。各工程が終わる毎に注意深く検査し、もし完璧にできていない場合は不合格とされます。こうして厳しい検査を通過したもののみデンツの手袋となるのです。
このデンツの手袋の特徴であるフィット感は、マスターカッター(親方裁断士)の技術と経験によるところが大きく、長年の訓練修行から生まれたカッターの確かな目と、革を注意深くシェーピング(形作り)し伸ばしていくことが最終のフィット感に影響します。その感触は「手袋をしたまま新聞をめくることができる」といわれるほどです。




確立された型紙


また使われる型紙は1839年から続くもので、20サイズが用意されています。縫製は熟練したお針子が手もしくは機械で縫っていきます。縫製方法は大別すると2種類あり、縫い目が表から見えないインシーム縫製と、合わせ目が外に出ているブリックシーム製法があります。インシーム製法にはシルクのライニングが使われ上品な雰囲気に仕上がります。一方のブリックシームは重い革のときによく用いられ、カジュアルな雰囲気が特徴です。こちらは紳士たちから人気のあるペッカリーの手袋の縫い方で、ライニングには保温性に優れるカシミヤが用いられます。(ノンライニングのタイプもあります。)


Material


微妙な変化や濃淡のデリケートな色合い、また時折、傷がついていたり、天然の皮の持つ特有の性質故、デンツ社の革バイヤーや選別士の技術が試されます。どの革をとっても2つとして同じものはないからです。

スタイル毎に完璧な革を選別するには、個々の革片をひとつずつ丹念に選び抜き、検査し、等級をつけなくてはなりません。この選別士の技術と知識を持ち合わせた機械はどこを探しても存在しません。

革選別士の経験に裏打ちされた眼識によって、あらゆる種類の革から、そのきめ、感触、厚み、強さを識別します。あらゆる特定の手袋を作る為には、それに完璧なまでに適した革一片を選別する以前に、これら全ての性質が決定されていなければなりません。

この飽くなき完璧さへの探究心、品質の追求がデンツの手袋に「秘密のフィット感」と心地よさを与えてくれます。このことがまさに折り紙付の品質たる所以です。




ペッカリー

南米の熱帯雨林に生息する野生の猪豚に似た哺乳類ペッカリー。
銀面に3つの連なった剛毛の痕の特徴ある毛穴があり、厚みがあるにも拘わらず柔軟な繊維組織を持っています。革の中でも水汚れに強く、硬くなりにくい性質を持ち合わせています。使い始めは非常に美しい光沢があり、長く愛用していくとまた違った味わい、柔らかさを持つデンツを代表する高級皮革です。
ペッカリー

ディススキン

ディアスキンとは鹿革のことをいい、デンツでは光沢のある銀面層を持つ 最高級の北米産の鹿革が使われます。数ある皮革材料の中でも非常に丈夫でありながら、とてもきめが細かく柔らかいという特徴を持っています。グローブの素材に最も適したレザーの一つです。
ディアスキン

ヘアシープ

エジプト周辺の砂漠地帯に生息する特殊な羊の皮革。非常に薄く柔らかくなめすことが出来、肌に吸い付くように滑らかでシルキーな感触をもち、その使い心地は最高です。デンツのヘアシープ グローブのほとんどは、世界有数の高品質レザーを製作する 英国の名門ピタード社のレザーを使用しています。
ヘアシープ






使い心地を大きく左右するライニング。


手袋のライニング(裏地)は非常に重要で、ライニングの素材及びその中に挿入される芯が手袋の最終的な外観に影響を与えます。手袋のライニング素材は各種あり、その中でも今日一番人気の高いのがシルクとカシミヤです。デンツ手袋のライニング素材だけを使った一組の手袋を作り、それを伝統的な方法で手袋内に挿入し、手袋の中にもうひとつ手袋が入る形にします。このように2重にする事でよりフィット感が増し、はめ心地の良い手袋が出来上がります。


ライニング(裏地)の素材


シルクライニング

シルク

独特の光沢と滑らかな肌触りが特徴のシルク。冬に暖かく夏に涼しい、皮膚に最も近い繊維として素晴らしい柔らかさを持ちます。シルクの主成分タンパク質セリシンには、抗菌性、調湿性、吸臭性、 紫外線カットの効果なども持ち合わせています。ライニングとして使用することで、より手に吸いつくような 一体感を感じることができるでしょう。

カシミアライニング

カシミア

カシミール地方に生息するとても細く長い繊維をもち、毛足の長い毛を選別すると1頭からわずか200gほどしか採取できない貴重な素材カシミヤ。
この貴重な素材で編上げられたライニングは、 とても贅沢な温かみと軽さを持ち合わせています。デンツ社は、カシミヤ製品で定評のあるジョンストンズ社で特注した カシミヤ・ライニングを使用しています。

ノーライニング

ノーライニング

『表面の素材をより堪能したい』というお客様にお薦めするライニングが無いもの。直に素材に触れて頂き、繊細な指先に伝わる感触を体感することができます。お手入れがしやすくなるので、末永くご愛用したい方にもお薦めです。






Detail





多くの工程に職人技が活かされる


イギリス、ウォーミンスターの工場で作られる手縫いのデンツグローブは32工程もの作業を経て一つ一つ丁寧に作られます。皮革の選定から始まって、 カッティング、パーツ分け、縫製作業、ライニング付け、伸ばし、ラベル付け、そしてパッキング。全てに職人達のプロの技術と根気が必要とされます。





ブランド詳細  メンズ  レディース