Swaine & Adeney (スウェイン アドニー)
スウェイン & アドニー

ブランド概要

Swaine & Adeney (スウェイン アドニー)

5商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
5商品 1-5表示
  • <
  • 1
  • >
5商品 1-5表示
  • < Prev
  • Next >
Swaine & Adeney (スウェイン アドニー)
スウェイン & アドニー

1750年、ジョン・ロスは、英国ロンドンのピカデリー238W1で馬具メーカーを設立しました。

その後、ジェームズ・スウェインは、後のホルボーンでビジネスを行うことに成功し、1798年にこのジョン・ロス馬具メーカーを買収しました。

品質と卓越した技術が認められスウェインAdeneyは、国王ジョージ三世と彼の息子プリンスオブウェールズ、ヨーク、クラレンス、ケント、カンバーランドとケンブリッジ公爵よりロイヤルワラントを授与され、その評判を確立しました。

その後、ロイヤルワラントは、ジョージIV世陛下とウィリアムIV世陛下の統治にリニューアルされました。1835年にジェームズ・スウェインは、ピカデリー185で規模を拡大しました。ビジネスは繁栄を続け、1845年にエドワード・スウェインは、パートナーシップに彼の甥を取り、現在のルーツとなるスウェインAdeneyが誕生しました。

1851年、スウェインAdeneyは、新たに構築されたクリスタルパレスで開催されたロンドン展示会で、その優れた製品を展示しました。半世紀後の1900年ロンドン展示会でいくつかの賞とメダルを獲得しました。スウェインAdeneyの評判は、皮革製品の最高プロデューサーとして、世界的なステージへと成長を遂げました。

 この時を同じくして、トーマス・ブリクとその息子は、第23セントジェームズストリートスウェインAdeneyブリクの現在の場所から目と鼻の先で1836年に設立されました。同社は、スティックや狩猟道具、最高級傘の製造に特化していました。彼らの作りあげる製品も英国王室から認められ多くのロイヤルワラントを授かりました。

第二次世界大戦中フランスが占領された際にブリク&サンズのパリ店を失いました。1943年2月にスウェインAdeneyが、手を差し伸べる形で合併しスウェインAdeneyブリク&サンズ・リミテッドを設立。ブリク社は危機を脱しました。

現在では、英国ケンブリッジにて過去250年間にわたって行ったように高級皮革製品と傘を当時と変わらぬハンドメイドにより作り続けています。








  • 1番/ALDEN (オールデン)
  • 2番/John Lobb (ジョンロブ)
  • 3番/Chausser (ショセ)
  • 4番/MOTO (モト)
  • 5番/Boot Black (ブートブラック)
  • 6番/会員登録
テストバナー

カテゴリーから探す

モバイルショップ

NATORIYAバナー

カテゴリーから探す