30%OFF!

ムカヴァ MU908 ホースハイドシュリンク

25,704円(本体23,800円、税1,904円)

定価 36,720円(本体34,000円、税2,720円)

 ダークブラウン
25.5
26.0
26.5
カラー
サイズ
購入数

一連のムカヴァローパーブーツの中でも異彩を放って登場したのがこちらのモデルです。アッパーレザーに超個性的なホースハイドレザー、それもシュリンク加工を施した独特の風合いを持ち味としたローパーブーツです。上位ブランドのショセがそうであるように、馬皮とムカヴァも切っても切れない関係ということでしょう。馬皮使いのスペシャリストが放ったブーツは、靴がホビーだと思える人にとってもついつい触手が出てしまう危険な素材です。一度味わったらやめられない馬革には、魅力が満載ですね。

色は、ダークブラウン系のムラ染めが施されていて、雨でも槍でもなんでも来い的な力強いアッパーレザーを有しています。実際のところはシュリンク加工されている為に比較的丈夫だろうってだけで、本来であれば防水処理はしてやった方が無難ですが、見た感じ行けそうな感触です。シュリンクレザーは、傷や汚れにも比較的対応力があり、この手のブーツに使われるのはある意味自然の流れかもしれません。基本がローパーブーツなので、タフ&ワイルドにガンガン攻めてやろっていう人にはなかなかお勧めですし、履いた時のパフォーマンス、コーディネートを容易に想像できるので、男らしい使い方ができる優れものだと思います。

それでいて、スタイリッシュに仕上げたスリムなシルエットがムカヴァの個性として光っています。コストを抑えるためでもありますが、製法をマッケイとしているのでコバの張り出しが無く、非常にスマートにまとまっていて、しかもロングノーズスタイル。とょっと鼻っつらがぽっこりしているところが、ムカヴァしらいですね。ベルトは、デザイン上のもので普段は外さなくても脱ぎ履きができますが、甲が低いブーツなので本格的なローパーブーツ同様に足入れの時だけちょっときついです。それを踏まえた上でガツンとを踵を落とし込む作法を覚えて頂ければ、それもこのブーツの楽しさとなるでしょう。

ソールは、ビブラム社製のラバーソールを採用しています。最近良く見かける信頼性の高いソールで、比較的新しいパーツです。ハイグリップですが、見た目がゴツくないのが特徴で、その良さを上手くデザインに取り入れているのが分かります。製法とも相まって屈曲性が極めて良いのが特徴で、さらにコンフォータブルな木型とクッション性の高いインソールのお陰で、プライス以上の履き味を得られるところが素晴らしいです。日本でもやればできるって感じですね。このブーツ、足首部分にもベルトが付いているけれど、あんなもん飾りです。パンツインして履くなら、バックル外して、ベルトビローンの状態で履いてやっても格好いいと思います。いろいろ試して見て下さい。


●サイズ感  長さ普通 | 幅普通 | 甲普通
●コメント  

普通のサイズ感覚


■サイズ換算
表示サイズ/実質サイズ
25.5cm=25.5cm
26.0cm=26.0cm
26.5cm=26.5cm




●底厚(コバ含) 前部 | 約10mm厚〜踵部 | 約17mm厚
●底材材質  ビブラムラバーソール
●主な素材  ホースハイドシュリンク
●配色    ダークブラウン系
●片足重量  約500g 
●中敷    レザー
●内装素材  フルレザー
●アイレット 6穴
●靴紐    ロウ引き丸紐
●備考    日本製

レビューはありません。

カラー
サイズ
 ダークブラウン
25.5
26.0
26.5

カテゴリーから探す