MOTO 1600-BRN ローパーブーツ カーフ 手染め【ブラウン】

68,040円(税5,040円)

在庫状況 在庫 1個- 売切れ間近!

 
0
168,040円(税5,040円)
在庫なし
268,040円(税5,040円)
在庫なし
368,040円(税5,040円)
在庫なし
サイズ
購入数

待望のMOTOローパーブーツが当店に初登場です。本革ならではの香りがプンプン漂う作品で、染料の香りも手伝って五感を刺激する独特の存在感があります。アッパーは、完全なる手染めによるもので、一足ずつ風合が異なるのはその為です。まるで使い込まれたような色の濃淡は、MOTO製品ならではの存在感が楽しめそうです。履き口のトップラインを見て頂くと、手染めされる前と後がハッキリと確認できるでしょう。

最初から故意に入れられたシャフト部分の履き皺もこの作品のスパイスとなっています。ポンっと置いた時の佇まいが素晴らしい。風景は、アメリカの田舎の牛舎へとトリップしてしまいそう。はたまたハーレーに跨がっている厳つい男のイメージとか。でも、いわゆる無骨過ぎるローパーと違って、モダナイズされたスタイリングが、タウン履きを許容してくれるのだと思います。ハズシで取り入れる感じが良いのかも。

グッドイヤーウェルトのレザーソールは、ダブル仕様となっていて、初期はあまり曲りません。だから、購入したら踵を掴みながら皺入れの儀式を敢行した方が、さっさと馴染んでご主人様の言う事を聞く従順なローパーブーツになってくれるでしょう。染色は、履き込むほどに色落ちしますので、そのままナチュラルエイジング感を楽しむか、適宜色を入れて楽しんでも良いでしょう。

ローパーならではの足首のタイトさは設計上致し方有りません。履く時は、左右のプルリングに指を引っ掛けつつ、踵に体重を乗せて重力をプラスしてガツンと靴内部に足を落し込む。逆に脱ぐ時は、ブーツジャックを使ってスマートに足を解放する。これが、伝統的なローパーブーツの履き方であり作法です。面倒を掛けることを厭わない。エイジングも楽しむ。それこそが、男のブーツってもんでしょ!


●サイズ感  長さ長め | 幅普通 | 甲普通
●コメント  

エンジニアブーツは、足首部分と踵がタイトな設計です。履く時は、ゆっくりと足を内部へ押し込む感じで履いて下さい。逆に脱ぐ時は、ブーツジャック必須です。ジャックが無い場合は、手を使って捻りながら脱ぎますが大変なので覚悟して下さい。サイズは、1cm間隔展開です。中間サイズが良い人は、ソックス厚で調整するかインソールを入れて対応して下さい。


●サイズ換算

MOTO / 日本センチ
0 / 25.0
1 / 26.0
2 / 27.0
3 / 28.0




●底厚(コバ含) 前部 | 約15mm厚〜踵部 | 約40mm厚
●底材材質  レザーソール
●主な素材  カーフ
●配色    手染めブラウン
●片足重量  約850g | 踵履き丈約cm | サンプルsize
●中敷    レザー
●内装素材  フルレザー
●アイレット −
●靴紐    −
●備考    日本製

レビューはありません。

サイズ
 
0
168,040円(税5,040円)
在庫なし
268,040円(税5,040円)
在庫なし
368,040円(税5,040円)
在庫なし

カテゴリーから探す

コンテンツを見る