MOTO 1200-BLK エンジアブーツ カーフ 手染め【ブラック】

70,200円(本体65,000円、税5,200円)

 
070,200円(本体65,000円、税5,200円)
在庫なし
1
2
370,200円(本体65,000円、税5,200円)
在庫なし
サイズ
購入数

MOTOエンジニアリングブーツ#1200です。抜群のシルエットを持つスタイリングが魅力的な作品。すでにクタクタっとしたシャフト部分と皺が入ったアッパーがMOTO流の作品表現です。もちろん履いてある訳では無く、新品状態からこのスタイルでハンガーアウトされるのです。他メーカーではあり得ないことですが、ひと手間かけてまでもエイジング感を表現したいというMOTOらしい魂が注ぎ込まれた最高峰エンジニアブーツです。

見た目のシルエットだけでなく染めにも工夫が施されています。一足一足、製品完成後に手染めして行くという途方も無い行程を経て完成させています。それは、このブラックであっても同じことで、染めムラがあるのはその為なのです。ベルトバックルにも塗めの痕跡が見られてアグレッシヴ。このラフな感じもまた味があって良いではないですか。ロッカーズスタイルでも上品な感覚で足元を纏めたい人にはお似合いかも。ゴツ過ぎることがないので、エンジニアなのに洗練されたお洒落感が楽しめそうです。

履き口トップラインは特徴的なアール形状を持つスタイルで、どこかウエスタンを感じさせます。ソールには、ミニビブラム#430ソールを持ち、ゴツくないけど必要にして十分なグリップ力を発揮してくれるソールが装着されています。4cmと適度な高さのヒールは気持ちテーパードされていて、サイドや真後ろから見た時にスマートに見せてくれる技と言えるでしょう。でもやり過ぎ感がないのところは、MOTOのセンスを感じます。

エンジニアブーツらしく着脱はハードです。つまり脱ぎ履きは大変な部類なので覚悟して付き合って下さい。ただし、次第に馴染んでは参ります。ガンガン履いてやることでさらなる味が出て来るのは間違いありません。汚れや傷も絵になるブーツです。でもより魅力的に見せたいなら日頃からメンテナンスすることをお薦めします。手を加えることで、一層味わい深さが増して手放せない一足へと成長するでしょう。育て甲斐のある楽しみな作品なのです。


●サイズ感  長さ長め | 幅普通 | 甲普通
●コメント  

エンジニアブーツは、足首部分と踵がタイトな設計です。履く時は、ゆっくりと足を内部へ押し込む感じで履いて下さい。逆に脱ぐ時は、ブーツジャック必須です。ジャックが無い場合は、手を使って捻りながら脱ぎますが大変なので覚悟して下さい。サイズは、1cm間隔展開です。中間サイズが良い人は、ソックス厚で調整するかインソールを入れて対応して下さい。


●サイズ換算

MOTO / 日本センチ
0 / 25.0
1 / 26.0
2 / 27.0
3 / 28.0




●底厚(コバ含) 前部 | 約15mm厚〜踵部 | 約40mm厚
●底材材質  ミニビブラム#430
●主な素材  カーフ
●配色    手染めブラック
●片足重量  約850g | 踵履き丈約cm | サンプルsize
●中敷    レザー
●内装素材  フルレザー
●アイレット −
●靴紐    −
●備考    日本製

レビューはありません。

サイズ
 
070,200円(本体65,000円、税5,200円)
在庫なし
1
2
370,200円(本体65,000円、税5,200円)
在庫なし

カテゴリーから探す